ホスラブの悪口を削除するために弁護士を利用する

ホストラブ(ホスラブ)という掲示板があります。この掲示板は、水商売や風俗で働いている人が主に利用している掲示板です。匿名の掲示板ですので、口コミや暴露話もあり、利点もありますが、その一方で匿名ならではの誹謗中傷も存在します。もし、自分のことを誹謗中傷された場合には、どうしたらいいでしょうか。
まず、それが本当に自分に向けられた内容かどうかを確認するべきです。自分の名前が書かれていなかったり、伏せ字の場合は、削除するのも難しい場合があります。ですが、はっきりと自分の名前を書かれている場合には、削除してもらうことができます。この場合、自分で削除をすることは難しいですので、掲示板の管理人に連絡をすることから始めなければなりません。掲示板の管理人には通常メールを送ることができるようになっていますので、削除依頼のメールを出すべきです。大抵は、メールを送って数日以内にその内容が消されているでしょう。ところが、なかなか消してくれない場合があります。この場合には、再度消してもらうように依頼をします。それでもダメならば、弁護士を利用して、何らかの法的処置をとる旨連絡してみるといいでしょう。法的処置とは、一つは慰謝料請求になります。もし、削除してくれる場合でも、書いた人を見つけてもらい、慰謝料請求をすることも可能になります。管理人がすぐに消してくれたとしても、多くの人に自分の秘密が知れ渡ってしまった場合は、書き込みをした人のIPを調べて慰謝料請求をすることもできます。慰謝料請求は民事訴訟になりますが、民事訴訟を起こしながら名誉毀損罪や侮辱罪として訴えてもいいでしょう。いきなり、名誉毀損罪や侮辱罪が成立するかどうかはわかりませんので、民事として慰謝料請求をするという建前で、刑事事件の方の証拠を得ることもできます。
ところで、刑事事件として訴える場合、名誉毀損罪と侮辱罪にはどのような違いがあるでしょうか。それは、事実を示したかどうかの違いになります。例えば、「あいつは4月1日に誰々と東京の鶯谷のホテルに入った」という内容の物であれば事実を示しているということができます。一方、「あいつは、馬鹿なやつだ」というのは、事実を示したことにはなりません
もし、事実を示していた場合には、名誉毀損罪の構成要件に該当します。一方、事実を示していない場合には、侮辱罪の構成要件に該当します。裁判をする場合には、専門の弁護士に依頼をしてみましょう。

【参考記事】ネット上での誹謗中傷で刑事告訴して慰謝料請求する場合