googleサジェストに誹謗中傷ワードが出た対処法

インターネットを利用する時にはgoogleを利用する方が多いです。googleは特に知名度が高い検索エンジンです。情報を探すには検索エンジンが必要で、キーワードを入力する事で入力したキーワードと関連性が高い情報から順番に表示してくれます。このおかげで情報をどうやって調べたら良いのかわからない時にも、少ない情報で簡単に調べられるようになっています。更にgoogleサジェストという機能もあり、単語を入力するとその単語と関連性が高い単語を予測して表示してくれます。調べたい事があってもキーワード自体が思い出せなかった場合にこれのおかげですぐに調べられるようになります。しかしgoogleサジェストでは多くの方が検索するような単語を記憶して予測変換するように出来ているので、誹謗中傷ワードを予測変換する事もあります。特定の人物の悪口をインターネットの情報サイトに載せる方が増えてきており、場合によっては広まり過ぎて解決するのが難しくなる場合もあります。一度個人を特定する情報と捏造された情報の書き込みが始まると、同じように情報を見た方が悪い印象を持つ事になります。書き込んでいる本人は情報を伏せているので悪い印象を持たれる事がありません。情報が広まりそうになったらすぐに削除依頼を業者にしましょう。インターネットの情報を必要に応じて削除してくれる業者の方が居るので、相談をすれば名誉毀損の悩みも解消出来ます。こういったトラブルは情報を書き込んだ方を捕まえる事が出来ても、他の方が悪口を書き込み続ける可能性もあります。書き込みを行った方を全員逮捕するのは難しいので、根本的には悩みを解決出来ない場合が多いです。その点情報源となっているサイトの記事自体を削除して貰えれば、仮に情報を書き込んだ本人を逮捕する事は出来なくても、トラブルに悩まされる事は無くなります。インターネットの捏造した情報を鵜呑みにして悪さをする方も居るので早めに解決しましょう。