2ちゃんねるで被害に遭わないためのネット誹謗中傷対策

2ちゃんねる

2ちゃんねるの悪影響とは?

2000年を前後する形でネット掲示板の2ちゃんねるが有名になり、現在でも多くの人がそこに書き込みをしています。匿名で簡単に書くことができるため、今までに様々な誹謗中傷が書き込まれてきました。2ちゃんねるではこうした誹謗中傷があった場合にはすぐ削除できるように対策を立てていますが、一般の人であっても2ちゃんねるに自分の名前が書き込まれることで悪影響を及ぼす例がいくつも出てきています。

ネット炎上

1つは、過剰反応による炎上です。2ちゃんねるに書き込まれ、そこで誹謗中傷をされると、掲示板を利用する人などを愚弄する言葉を並べる芸能人がいます。こうした場合に、その芸能人の過去まで洗いだし、それについてまた盛り上がり、その芸能人が関係するテレビ局やスポンサーに電話をかけ、あのような人をなぜ使うのかと執拗に言い、結果として降板させるということがよくあります。ネット誹謗中傷対策としては、むやみな反応は控え、事実無根であれば法的手段に打って出る、被害届を出すなどの毅然とした態度が求められます。また、削除依頼をすぐに出すなどして冷静に対応する必要があります。

誹謗中傷

2つ目は、誹謗中傷を放置する行為です。明らかに事実無根のことであっても、それを何度も書き込むことで検索エンジンにはその部分だけが検索結果として出る場合があります。そうなると、明らかな事実無根であっても、素直な人などはその通りに事実を受け止めてしまうことがあります。中には放置すべき案件もありますが、基本的には毅然とした態度で臨む必要があります。

最近は個人もこうした誹謗中傷の対象になることがあります。SNSなどでハメを外した行為をすることで、いわゆるネットリンチと呼ばれる個人情報のほとんどが晒され、今回の行為が一生ネット上に残ってしまうということが起こります。もちろん、SNS上でハメを外さないようにすることが大事ですが、万が一してしまった場合には過剰な反応をせず、パニックにならず、削除依頼や弁護士への相談などをしていくことが大切です。