誹謗中傷に対する民事上の追求

裁判

誹謗中傷と民事裁判

他人から誹謗中傷をされた場合、弁護士などに相談して民事上の追及をすることができます。たとえば、インターネットの掲示板などに誹謗中傷の書き込みがされた場合は、書き込みに対する差止め請求をおこなうと同時に、損害賠償請求をおこなうことが可能です。

差止め請求とは、わかりやすく言いますと、誹謗中傷を書き込まれた掲示板に対してその書き込みを削除する要請をおこなうことです。この差止め請求をおこなうことによって、これ以上誹謗中傷による被害を被らないようにすることができますので、民事訴訟を起こすときには、弁護士の方に依頼することをおすすめします。

誹謗中傷による損害賠償請求に関しましても、名誉毀損で追求することになりますので、差止め請求とおなじように損害賠償請求もできますから、訴訟を起こすときに確認することが大切です。このとき注意しなければならないこととしましては、損害賠償請求は、誹謗中傷をおこなった相手に対して起こしますので、掲示板などの運営者に対しては起こすことができないということです。

ですから、差止め請求は掲示板の運営者に起こすとしましても、損害賠償請求はまた別の訴訟扱いになりますので、この点に関しましても弁護士とよく相談することが必要になってきます。

民事訴訟と差し止め請求

いずれの場合でも、インターネットなどの書き込みにかぎらず、誹謗中傷による差止め請求や、損害賠償請求をおこなうことは可能ですから、自分自身の名誉を守るためにも、積極的に民事訴訟をおこすことは重要なことです。その際は、自分ひとりで損害賠償請求や差止め請求をおこなうことには限界がありますので、弁護士の方に相談することが良いわけですが、民事訴訟を起こすには費用もかかってきますので、十分に調べたうえで慎重に行動することが大切であることは確かです。損害賠償請求や差止め請求をおこなえば、自分自身の名誉が守られることは言うまでもありませんので、弁護士と相談することが大事です。