ネット誹謗中傷対策に強い弁護士

誹謗中傷対策

ネット誹謗中傷の怖さは「拡散」と「半永久」の2つ

インターネットで一度書かれた情報は、そのページだけに留まらず予測もできないところにまで拡散されてしまうものです。また、拡散するだけではなく、削除されずに半永久的に残ってしまうのも問題です。ネット誹謗中傷は、デジタルタトゥーと呼ばれる所以です。もちろんプロバイダや掲示板、ブログなどの管理者に文章の削除依頼をすることもできますが、実際のところは本当に削除してくれるかは、管理人次第というのが普通となっているようです。

それでも言われのないことをネットに誹謗中傷や名誉毀損を書きこまれてしまった人にとってはそんなことは言っていられないのが実状です。何とか自分に関する悪い噂をネット上から全て綺麗に取り去りたいと考えるものでしょう。

それならば、少しでも早くネット誹謗中傷対策に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。個人情報が知らない内に流出している、何年も前に起こしてしまった事件の記事が今でも掲載されている、ネットに事実と違う会社の情報が公然と書かれているなどの相談は、悩んでいるよりも法律の専門家に相談した方が早いし安心です。

ネットに強い弁護士の解決方法

ネット誹謗中傷対策の依頼を受けた弁護士が行う解決方法とは、誹謗中傷記事の削除、写真や動画の掲載停止の請求、犯罪記事の削除の請求、記事を投稿した人の特定などとなっています。

※下記のサイトでは、ネットに強い弁護士が特集されていますので参考になるでしょう。
→『ネット誹謗中傷弁護士相談Cafe|風評被害対策・2ch削除依頼

特に記事を投稿した人の特定については、掲示板やサイト管理者に投稿者のIPアドレスや投稿日時、氏名や住所などの開示を求め、必要ならばその投稿者に対して損害賠償請求をする場合もあるのです。

安価でネット誹謗中傷対策を請け負っている専門業者もあるのですが、弁護士以外の人がこういった行為をするのは違法(非弁行為)となっているため、違法な業者で依頼をすることは避けるべきでしょう。

弁護士ならば一定の料金が掛かるものの、安心してネット誹謗中傷対策を任せることができますし、その成果を期待することもできます。弁護士に依頼すると高額な費用が掛かるのではと心配になることもあるとは思いますが、それでも個人情報や人に知られたくない事実や事実無根の情報が将来ずっと拡散され続けるよりも良いと思える料金と言えるでしょう。

弁護士依頼のデメリットとして、誹謗中傷対策業者の対策費用は安く、弁護士は高いという印象がありますが、実は誹謗中傷対策業者に依頼すると、半永久的に対策を依頼することになり、トータルコストは高くなります。一方法律相談であれば、犯人の特定まえ行えることがあるため、根本解決であるため弁護士依頼は費用面もデメリットいならないこともあるのです。

法律の専門家に相談しただけでも安心できることもありますし、多くはフリーダイヤルやメールで相談をすることができるようになっています。ネット誹謗中傷対策を依頼するかどうかはその時の判断として、まずは相談してみることが今抱えている大きな悩みを解決するための方法の1つとも言えるでしょう。先ほど紹介したサイトは、無料相談が基本ですから、安心ですね。

身内の方やご友人に相談しても解決するとは言えないネット上のトラブルならば、IT関連に強い法律の専門家に頼るのが得策と言えますね。